建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ
建築設備に携わっているラガーが、マンション購入の際に得た知識・チェックポイント・建築業界の裏側等を語るブログです。 CADWe'll CAPEテクニックの記事も満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rの建築物
最近いただいた図面の建物の形状がとっても難しい。

簡単に言えば楕円。
つまりRだらけ。

梁も曲線だったり、小梁は全て3度ずつ角度がついている。

う~ん、どうやって配管通すんだ?
日々悩み中。

でも監理はFJ使うなっていうしなぁ。
給水とかはエルボ返しでなんとかなるとして、排水は?

通常の現場の3倍ぐらい悩みながら作業してます。
大体現場で墨だしして、施工図通りに入るのかな?

だって通り芯がRだしね。
CADがない時代ってどうやって寸法とっていたのか不思議だ。
昔の人の技術ってすごいです。

そういえば名古屋のルーセントタワーもRだらけ。
きっと大変だっとろうな。

さあ、ぼちぼち休憩終えて仕事します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
私も昔CADで図面を書いていました。
クロソイド曲線などCADの種類によっては難しいですよね。
2010/09/06 (月) 10:27:07 | URL | mkan #a2H6GHBU[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/05 (水) 22:21:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/07(月) 12:58:24 |
copyright © 2005 建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。