FC2ブログ
建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ
建築設備に携わっているラガーが、マンション購入の際に得た知識・チェックポイント・建築業界の裏側等を語るブログです。 CADWe'll CAPEテクニックの記事も満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ライオンズミッドキャピタルタワーに行ってきた
ザ・ライオンズミッドキャピタルタワーに行ってきました。

現場がはじまった2006年の年末から施工図をかいている為、
打ち合わせでちょくちょくおじゃましています。

ザ・ライオンズミッドキャピタルタワーといえば
総戸数 390戸、名古屋最高層161.85m、47階建てのタワーマンションです。

設計・施工は竹中工務店さん。

東海地区の方はCMもよく流れているので知っている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに最上階は全て2億円以上えぇ

屋上にはヘリポートまであります。

庶民の僕にはよくわからない金額です。・・・ranking
ライオンズ


現場内から撮ってきました。
かなり高くなってきました。
全て工場製作のPC工法なので
 施工もはやいです。
建物の規模が大きいので現場監督や職人さんも大変ですが、図面もかなり大変な状況。

今は、共用部から20階ほどまでの図面は完成したので一段落中。

しかし、これからが大変です。

なぜなら上層階は比較的、分譲価格が高い部屋が多いのですが、
大京さんの売りの一つとして全タイプフリープランなのです。

フリープランとは従来のマンションと異なり、購入者が全て間取りを変更できます。

通常のマンションでは、配管スペースの問題等によって水廻り
(洗面所・キッチン・トイレ)の位置は変更できません。

しかし、ザ・ライオンズミッドキャピタルタワーの大きな特徴として、
床が全て二重床となっています。

二重床とは簡単にいえばコンクリート面から床が200~300mm程度上がっていて、
そのスペースで設備・電気の配管を通せるようになっています。

その為、どんな位置に水廻りを移動しても配管が問題なくおさめることができ
フリープランを可能にしています。

購入者にとっては嬉しいことでしょうが、現場に携わる人にとってはとても大変です。

図面にしても、購入者ごと(住戸ごと)にかかなければならない為、膨大な量になります。

完成まで約1年ですが、がんばりたいと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。