FC2ブログ
建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ
建築設備に携わっているラガーが、マンション購入の際に得た知識・チェックポイント・建築業界の裏側等を語るブログです。 CADWe'll CAPEテクニックの記事も満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CADの歴史・種類(設備施工図・設計用CAPE等)
僕の仕事は建築設備設計・施工図を描くことです。

その作業の際に使用するのがCADです。

ちなみに知らない方の為に、呼び方は“キャド”と呼びます。

CADの正式名称は「Computer Aided(Assisted) Design(Draft)」といいます。

歴史はまだまだ浅く、1970年頃にアメリカの航空機設計に使用されたのが最初と言われています。

しかし、本格的に普及したのはここ10~15年ぐらいでしょうか。

僕が大学生の頃にも大学にCADはありましたが、講義は製図台(ドラフター)で作図を行っていました。

大学を卒業して社会人になって最初の3年間は、ドラフターで手書きの図面を描いていました。」

今ではCADで描かれていない図面をみることはほとんどありません。

会社にドラフターを置いていない会社も増えていると聞きます。
CAD(キャド)ソフトは大きく分類して機械系、建築・土木系及び電気・電子系の3種類に分かれています。

市場は大きく、機械系CAD市場は約1.200億円、建築系CAD市場は約300億円とも言われています。

各メーカーが開発を進めているため、CADの種類は今現在、何百種類もあります。

代表的なCAD(僕が仕事でよく携わるCAD)をいくつかあげてみます。・・・ranking

・FILDER_PLUS(ダイキン工業株式会社)
・CADEWA Evolution (株式会社 四電工)
・AutoCAD(LT含む)(オートデスク社)
・VECTOR WORKS
・HO-CAD
・TurboCAD
・DRA-CAD
・JW CAD for Windows(JW CAD含む)
・Cadwe'll CAPE(Tf@S含む)(株式会社 ダイテック)


この中で最も有名なのが“JW CAD”だと思います。

理工系の大学・専門学校に通ったことのある方なら一度は使ってみたことがあるのではないでしょうか。

JW-CADは2次元CADの決定版ともいうべきCADです。

他のCADと比べるとコマンドが少なく、2次元である為、初心者には一番使いやすいCADであるといえます。

とはいっても使いこなせば、他のソフトに負けないぐらいの作業精度を高めるポテンシャルを持っています。

しかし、何が一番すごいかって“無料”ってことでしょう。

簡単にダウンロードして使えることも、シュアを伸ばしている大きな一因といえます。
(無料ダウンロードはこちら→http://www.jwcad.net/

豆知識として「JW-CAD」の名前の由来ですが、

開発者の清水治郎氏の「J」と田中善文氏のペンネームの悪文(わるふみ)さんの頭文字の「W」「JW-CAD」といわれています。

ほんとかな・・・

ガスメーカーの「リンナイ」が創設者の「林」さんと「内藤」さんからリンナイって噂に似てますね。


Auto-CADは、JW-CAD以上に多くの建築関係者に使用されています。

JW-CADはどちらかというと“線”を引くのに適したCADの為、建築・土木系で多く用いられるのに対して、AUTOーCADは建築・土木系のみならず設備関係者も使用します。

機能もJW-CADよりも多くの機能を備えています。

ソフト自体の価格はパソコンショップなどで安く購入すれば8~9万円ぐらいが相場です。

機能を考えるとコストパフォーマンスがよいソフトといえます。


最後に、僕が一番愛用しているソフト“CADWe'll CAPE”です。・・・ranking


CADWe'll CAPEは、言わずと知れた(?)設備業界シェアNo.1のCADソフト!

作っているメーカーはダイテックという会社。
名古屋に本社があります。(名古屋がんばれ

名古屋の方なら知っている方もいるかもしれませんが、巨大ブックショップマナハウスもダイテックが経営しています。

幅広く商売していますね~。儲かってそう。
それはともかく、“CADWe'll CAPE”の何がすごいって2.5次元で高さ情報も入力できて、配管も自動的にかけて、断面も見れて、それから・・・
とにかく便利なのです。!

仕事柄、他のCADも触りましたが便利差が全然違います。

そんな便利な“CADWe'll CAPE”の次世代版、3次元CAD“CADWe'll Tf@S”も最近発売されました。
(これだけ宣伝したからダイテックさん何かしてくれないかな~)

但し、“CADWe'll CAPE”もCADWe'll Tf@S”もとにかく 高い!!
オープン価格ですが1本80万円はまだします
(開発費がかかるのはわかりますが・・・)

ダイテックさんもう少し安くして下さい


スポンサーサイト

テーマ:マンション・一戸建て・物件あれこれ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/09 (日) 00:28:20 | | #[ 編集]
藤○さんへ
URLやアドレスがのっていなかったのでここで返信させていただきます。
本名かな?と思いましたのでこのような表現にさせていただきました。

CADを勉強中なのですね。
設備施工会社に勤務されている方なら内容を理解していますから覚えるのも早いと思います。
CADWe'll CAPEも他のCADと比べるとちょっと難しいですが、毎日触っていれば1ヶ月程で大体の操作はマスターできるのではないでしょうか。

早く覚えるこつは、練習ではなくて、もし以前の会社の現場資料が残っていれば自分で施工図を書いてみることです。
その経緯でわからないことをヘルプで探したり、人に聞いたり、サポートセンターに聞いたり・・・これが一番の近道だと思います。

同じような仕事をする方が増えるのは嬉しいのでがんばってくださいね♪
2007/12/22 (土) 10:54:12 | URL | ラガー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。