FC2ブログ
建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ
建築設備に携わっているラガーが、マンション購入の際に得た知識・チェックポイント・建築業界の裏側等を語るブログです。 CADWe'll CAPEテクニックの記事も満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CADの歴史・種類(設備施工図・設計用CAPE等)
僕の仕事は建築設備設計・施工図を描くことです。

その作業の際に使用するのがCADです。

ちなみに知らない方の為に、呼び方は“キャド”と呼びます。

CADの正式名称は「Computer Aided(Assisted) Design(Draft)」といいます。

歴史はまだまだ浅く、1970年頃にアメリカの航空機設計に使用されたのが最初と言われています。

しかし、本格的に普及したのはここ10~15年ぐらいでしょうか。

僕が大学生の頃にも大学にCADはありましたが、講義は製図台(ドラフター)で作図を行っていました。

大学を卒業して社会人になって最初の3年間は、ドラフターで手書きの図面を描いていました。」

今ではCADで描かれていない図面をみることはほとんどありません。

会社にドラフターを置いていない会社も増えていると聞きます。
[CADの歴史・種類(設備施工図・設計用CAPE等)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:マンション・一戸建て・物件あれこれ - ジャンル:ライフ

copyright © 2005 建築設備設計・施工図に携わるラガーのブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。